■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■プレイリスト選択してプレーヤー起動

TCPMPからGSPlayerへ - 伊藤浩一のW-ZERO3応援団より
WILLCOM 03では、TCPMPが動かない、という話が出てきていますので、現在、TCPMPで利用している状況をGSPlayerに置き換える作業をしています。
とのこと。
03購入予定の人にはきびしいですねぇ。

MortScriptによるプレイリストでGSPlayerで再生

すまーつ工房さんで配布している「TCPMPでの起動時プレイリスト選択スクリプト」を愛用しています。特定のディレクトリーにあるプレイリストファイルを一覧表示してくれて、そこからTCPMPの起動が可能です。

http://smarttenjijo.suppa.jp/

スクリプトを改変させていただき、\Program Files\TCPMP\player.exeを\Program Files\GreenSoftware\GSPlayer2.exeに書き換えたところ、うまく動きました。GSPlayerでは、拡張子指定で、plsファイルを一応指定しています。
これは、知りませんでした。
便利なスクリプトがあるもんですねー
# って、再構築後はまだMortScript自体をいれてないな。(^^ゞ

まあ、一旦プレイリスト選んだら、滅多に変えないのでとりあえず今のところはメモのみ。φ(..)
で、本題。
「それなんてAlbumSwap?」
AlbumSwapというのは、せっかくCLIEのAudioPlayerがMP3の再生にも対応するようになったのに、プレイリスト機能はAtrac3だけでしか使えなかったという、ダメダメな仕様だったので、それをどうにか誤魔化すために、存在したなつかしのアプリ。

Playerが見るMP3のフォルダが「MSAUDIO」に極め打ちなので、AlbumSwapはMP3とM3Uの入ったフォルダをリネームしてPlayerを起動する代物でした。
# 「ALBUM_xxxx」とかをアルバム毎に作っておくと、AlbumSwapのリストから選べる。

「便利そうだから」とサクっとスクリプトで纏められた、すまーつ工房さんには失礼かと思ったのですが…
いやぁ、つい懐かしくてw

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

「にゃらん」ブログパーツ

プロフィール

d346prt

Author:d346prt

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。