■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■WM使いは、iTunesではなく、MediaMonkeyを使え

PCの音楽プレーヤーを、MediaMonkeyに乗換た。
MediaMonkey


きっかけは、
モジラCEO、アップルの「Safari」自動アップデートを批判:ニュース - CNET Japan
↑の件で、Appleの鬱陶しさに嫌気がさし、iTunesを棄てた。

使い方が簡単で、それなりに機能があって気に入って使ってたし、「ブラウザ」での選択が便利だったので、他に乗換るのを躊躇っていたのだけど...
# 「ジャンル」「アーティスト」「アルバム」で選ぶやつね

実際は、Safariはベータ版のころから入れてたから、今回の騒動の被害は無かったのだけど。(^^ゞ
前々から、iTunesを使うためにバックグラウンドサービスとかQuicktimeなんかが、邪魔臭かったので、この際だからと全て削除してしまった、のがホントのところ。
で、あのインターフェースから乗換るのに、色々と試してみた。
KbMediaPlayer
Quintessential Media Player
Foobar2k
Winamp
H2k6
などなど...

が、どれも操作性がPlaylistメインなもの(スキンによるのだろうけど)で、乗換え対象としてはちょっと不満だった。
そんな中、最終的に落ち着いたのが、MediaMonkeyというわけ。

決め手は、
やっぱりiTunes同様の「ブラウザ」ペインがあるところ。
余計なプロセスが走らないw
スキン無しの軽量版がある
Winampのプラグインが使える
と言ったところ。

そして、使い始めて気付いたのだけど、WMPの様にWindowsMediaDeviceとの同期に対応してるのがポイント。
# それだけ、なら他にもあるのだろうけど、上記の条件とこれの両方なのがミソ

もちろん、アドエスも同期の対象となるので、いちいちそのためにWMPを使う必要も無い。
まあ、大抵は、エクスプローラーで直接コピーしちゃうけど。

ただ、当然マイナスポイントもあって、
音質もiTunes同等らしいので、Winampの出力プラグインを突っ込まなきゃいけない
とか、「スマートプレイリスト」は有償版じゃないと使えない、のは要注意。


それでも、メリットが上回ってると思われるので、お勧め。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

「にゃらん」ブログパーツ

プロフィール

d346prt

Author:d346prt

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。